ガレージ付き 注文住宅
ガレージ付きの注文住宅を建てるときに気をつけたい注意点の紹介

ガレージ付きの注文住宅を建てるときに気をつけたい注意点の紹介

ガレージ付きの注文住宅を建てるときは、屋根の有無を検討しましょう。屋根を設置する場合は、材質も考えます。木造の場合は住宅と同じ素材で仕上げるようにしましょう。ガレージだけ安価な輸入材を使用してしまうと、シロアリ被害が発生してしまう場合があり、隣接する住宅に被害が及びやすくなります。鉄骨の場合は頑丈ですが、風圧への耐久性がポイントです。竜巻の発生ではなくても強風や暴風による風圧で損壊してしまう可能性があります。屋根を施工するときは、駐車可能台数も計算してもらいます。屋根付きを一台分にして、屋根なしを二台分にする、分けたガレージ設計の方法もあります。担当者と詳細を話し合いながら決定しましょう。屋根に太陽光パネルを設置するときは、設計段階で重量計算をしてもらいます。

ガレージ付きだからこその駐車場代の節約効果

注文住宅は建売分譲住宅より効果ですが、定期メンテナンスにより長持ちさせやすいメリットが備わっています。ガレージ付きに施工してもらう時は、家族が必要とするマイカーの台数に注目しましょう。夫婦それぞれがマイカーを所有するのなら、二台分は確保してもらいましょう。将来的に子供が所有する場合や、訪問客のために一台分を確保するも良いでしょう。すべてに屋根を施工しなくても良いですし、屋根のないガレージならば舗装しておくだけでも大丈夫です。賃貸で駐車場を契約して借りるよりも低コストで、家計への負担を軽減できます。ガレージの屋根は地震と風に耐久性を発揮できるように設計してもらうのがポイントです。風通しが良くなる設計ならば、害虫や害獣が寄り付きにくくなります。

天然無垢材の注文住宅にダメージを与えない素材のガレージ

注文住宅は住まいと一体化したガレージの設計施工も可能です。一体化していなくても、隣接していれば影響は大きいです。ガレージを木造にする場合は、住まい建材との相性もポイントです。ガレージは安くても良いからといって輸入材を安易に使用してしまうと、木を食べてしまう害虫が生息して繁殖する場合があります。ガレージから住まいへ害虫が移動しやすくなります。鉄骨構造ならば安心ですが、防錆塗装を施工してもらいましょう。雨で錆が流れると、ガレージ舗装や敷地内エントランスに金属の錆の色が付着してしまいます。鉄骨は頑丈なので、太陽光パネルを搭載できるのもポイントです。完成後に太陽光パネルを後付けするのではなく、最初の設計段階から依頼しておきます。耐荷重量敬さんをしてもらわないと、ガレージそのものを弱めてしまうからです。