ガレージ付き 注文住宅
はじめにガレージ付きの注文住宅の特徴や魅力を紹介します

ガレージ付きの注文住宅の色々なガレージの種類の紹介

ガレージはその敷地の状況によってスタイルは変わって来ます。余りに狭いと他の場所に屋根なしのカースペースのみという場合もありますし、スペースが敷地内に取れる場合は簡単なものでは屋根のあるカーポートという形態も多いものです。1階部分に駐車場をとれない場合には地下に作ってしまう場合もありますが、その場合には斜路の傾斜が無理のないものにしたいものです。住宅の近くに三方を壁で囲まれ前面にシャッターを取り付けた車庫を作ることもあります。住宅の1階部分にビルトインするタイプの車庫もあります。ただスペースをぎりぎりにした場合には毎回運転に気を遣うことになりますので多少は余裕をもって作りたいものです。できるだけ家に近くて雨の日にも濡れずに出入りできるものが望ましいとされています。

注文住宅で室内ガレージ付きとは

注文住宅でガレージ付きというと一般にはビルトイン・ガレージというスタイルのものがよく知られています。ビルトイン・ガレージは建物内部に駐車スペースを確保する方法で車が入庫できるためには前面に進入するための大きな開口部が必要になります。もちろん雨天のときも乗り降りも雨に濡れずに行えますし、距離的にも直に室内へ入れて望ましいものになります。駐車台数も一列なら間口は狭くても可能ですが、2列に入庫するには開口部が大きくなって耐震性に配慮し、壁の量や大きな梁も必要で頑丈な構造が必要となって来ます。それに従って1階に居住スペースがとれなくて2階や3階部分に持ち上げる必要も出て来ます。従って木造では無理な場合も出て来て他の鉄骨造やRC造にしなければならないこともあります。

注文住宅でガレージ付きの長所や短所については

注文住宅のビルトイン・ガレージという方法は家屋の内部に作られますので、独立して建つわけではなく、多雪の地域も車が保護されて気候からの恩恵を受けることになります。病院へ出かけるとか荷物の搬出入にも便利ですし飛来物で車が棄損したり車上荒らしの被害に遭う確率も少なくなります。もちろん屋根のないスペースのみであれば鳥類のフン害を受ける可能性もありますが、ビルトイン・スタイルならそういう心配がありません。車のメンテナンスも安全に行えますし、室内の空きスペースを利用して充電を行ったり、趣味関係の置き場と兼ねることも出来ます。又、延面積の5分の1までは容積率から差し引くことができることになっています。ただ構造的なものに適合させることから費用が高くなる可能性があります。エンジンをふかす機会があるので騒音と排気ガスの換気の面を考慮する必要はあります。